バイク買取と下取りのどちらが良いのか

バイクの新車を購入して乗り換えるときに、それまで乗っていたバイクを手放す方法として、買取と下取りがあります。
買取は、バイク買取業者にバイクを売る方法で、下取りはディーラーに売る方法です。

このうち、できるだけ高くバイクを売りたいのであれば、バイク買取を利用するのがおすすめです。



バイク買取業者は、買取を専門としているだけあって、きちんとした価格で買取をしてもらうことができます。

下取りの場合は、下取りをするディーラーは買取がメインではないため、査定額は低めになります。


そのため、高く売りたいなら買取業者の方を選んでおいた方が損がありません。
ただし、ディーラーに下取りをしてもらう方法も悪い方法ではありません。

goo ニュース情報の公開中です。

まず、乗り換えがスムーズにできるというメリットがあります。


買取店にもっていく場合は、バイクを先に売るならばしばらく乗ることができなくなります。


また、新しいバイクが納車された後でも、それを自分で売らなければならないという手間がかかります。


その点、下取りは納車と引き取りが同時になされるため、余計な手間をかけずにバイクを売ることができます。
こう考えると、高く売りたい方はバイク買取業者を利用して、手間を省きたいという方はディーラーに下取りをしてもらうのがベストといえるでしょう。
どちらを良いと感じるかは人それぞれであるため、自分の好みに合わせて選べば、気持ちよくそれまで乗っていたバイクを手放すことができます。